サクッとシェアしてもらえると、喜びます!

完全消滅で決着【著作権侵害】パクリサイト抹消計画。対策~消し方(追記あり)

スポンサード リンク

スポンサード リンク


※こんなこと、言われたくないですよね(笑)

こんばんは~ロコです!

今回はねぇ~趣向を変えまして「著作権侵害」について書きますよ。

というのも、前回さらっと触れたテンション下がる出来事って「当サイト・まるっと!ゲスい盗人にコンテンツとられたよ(;´・ω・)」だったんですね。

メルマガでは、この不安な心中を書いてまして、友人ブロガーtaka:aさんから即!心配メールをもらいましてね~、本当ありがたい気持ちでいっぱいでした。ありがとう!( ;∀;)

その顛末を先にお伝えすると、

  • 2017年11月21日 当サイトコンテンツ23記事がパクられてるのに気づく
  • 同日、パクリサイト側に「該当記事削除せよ!さもないと然るべき対応をするぞ」と警告
  • 2017年11月22日 対応を慎重に考える。メルマガ読者さんへ報告
  • 同日、2つの解決案から1つを決める。パクリサイトを抹消させるべく書類作成
  • 2017年11月23日 書類完成。明日に発送しようと準備続行
  • 同日、他にもコンテンツパクられてるブロガーさんへ報告
  • 同日夕方、パクリサイトから無断転載23記事が削除され無事解決!
  • 2017年11月24日 ・・・と見せかけて、またパクられてる(;´・ω・)
  • 2017年11月26日 パクリサイト自体を、完全抹消させることに成功!!

ちなみにパクリ元が動かなかったら、サイトごと抹消させる計画を企ててましたので、覚書程度に書いておきます。

(すったもんだありましたが、最終的にはネット界から抹消させることに成功しました!)

こうしてブログ運営をする以上、「無断転載モンダイ」は切っても切れない事柄であり、イタチごっこになる可能性もありますが、解決方法はありますので。同じく無断転載モンダイでお悩みの方の助けになれたら嬉しく思います。

2017年11月21日 当サイトコンテンツ23記事がパクられてるのに気づく(メルマガより)

当サイトが、ここ2か月分まるっとパクられてるのに気が付きました(;´・ω・)

昨日「そーいやあの記事、上位にあがってきたかな~?」と軽い気持ちで検索したらまさかのパクリサイトに遭遇しました!ってオチw

まぁ、LOCOのコンテンツ持っていけばアクセス上がるだろうな~と思ってくれての標的なのであれば、ある意味・・光栄な事なんですけどねぇ~・・でもでも、自分の目先利益のために、まるっとパクっちゃダメでしょ!っていうのが率直な感想ねぇ~・・はぁ。

というか、もっと前からキュレーションサイトという名の、まとめ(パクリ)サイトにコンテンツ持っていかれたことはあって(それは日常茶飯事)でもでも、そのサイトらには「引用元リンク」の記載があったから・・・まー、見逃してやろうじゃないかと華麗にスルーしていたんですけどね・・・

今回は、見逃せないですよ。なにせ、自作アフィリサイト(アドセンス)に当記事が2か月分
まるっとコピペされてるわけなんでね。(kindle本書いてて、チェック怠ってた(;´・ω・)・・・2カ月も。愕然。)どうりで、ここ最近アクセス右片下がりだと思った(;´・ω・)

記事更新頻度とアクセス推移がおかしーなーって、思ってたんですよねww

というわけで、Google先生から当ブログもミラーサイト扱いされてペナルティー受けてるんじゃないかと思ってた、そんな21日でしたww

パクリに気づいて、先方には「該当記事 削除せよ!さもないと然るべき対応を取るぞ!」と
脅しのメッセージを送って、当ブログでの文章&画像など全部「右クリックとかコピー」
できないように対策したところデス。

あとはね、記事アップしたらすぐGoogleインデックスするのがいいよ。うちのコンテンツだよ!って先に申告しちゃうの。ちなみに・・・逆にパクリ犯が先にインデックスしたら、こっちが逆にパクリサイト扱いされちゃう危険があるよ~。

これから更に痛手を負わせる対策したいんだけど、これは・・いろいろリスクありなんで
旦那に相談しまーす、というところでしたね。(うちのパパ、ハッキングとかも得意なんで
こういう時とても力になるのです~)

きっとね~おかしな情報商材バラまいて、変なノウハウを実践してる人がいるんじゃないかなーと思うんです(;´・ω・)

ちなみに、そのパクリサイトは当ブログだけじゃなくて、他のブロガーさん文章も根こそぎコピーしてるの。(後日、メッセ欄より報告しました)

そして、パパ解析によると自動化コピペじゃなくて、手動で盗んでる形跡があるって話でした。

あーあ。右クリック→コピペって、私自身が重宝するから無効化するのはかなり痛いんだけど(使ったネイルグッズ名称は、毎回打つの手間)こればっかりは・・仕方がない・・

友人ブロガーさんでも無断転載について「絶対ダメ!」って信念のヒト、いますよね??

でも、ちょろっとブログの片隅に書いてるだけじゃ盗人は気が付かないからね~(てか、気づいてもコピペできる限り、盗ってくよ)

「コピーできない仕組み」を導入する必要が出る時もあるんだなー・・と今回思った次第だよ。

私はワードプレス使ってて「WP Content Copy Protection & No Right Click」ってプラグイン入れたら一発でコピペできないようになったけどね~

無料ブログ使ってるヒトでもCSSあたりにちょろっと付け足すとコピペNGにすること、できるらしーよ!詳しくはググってみて!

もしかしたら・・・裏で行われてるパクリ犯の豪快な盗っていき方に、愕然とするカモしれないよ!

ちなみにね、即日こっちのブログで報告しなかったのは、手の内明かしてパクリ犯が先に動くと困るからね。(逆にこっちの順位を落とされたりとか、あるかもしれないから)ぜんぶ落ちついてから報告しようとしていました~

2017年11月22日 対応を慎重に考える(2種類で悩む)

さて、パクリ犯には「削除依頼」出したけど、本当に消されるか不明だったからね~、スルーされた時の解決策を考えましたよ。

以下2つの方法が候補として上がりました。

この2つでかなり考えたんだけどね~、レンタルサーバーへの権利侵害情報の削除依頼の方が、いろいろリスク低いのでそっち方向で書類作ってました。

スポンサード リンク


Google先生に「著作権侵害による削除」を出した時のリスクとは?

パクリ犯通報って、だいたいこれで対応する人が多いみたいなんですけどね、これにはリスクがだいぶ多いですよ。それは「申立人の本名+運営サイトURL」が、全世界共通の「パクリ犯・報告サイト」に公開されてしまうというもの。

更にいうと、なぜかパクリ犯に「申立人の本名+運営サイトURL」も直接知らされてしまうという(;´・ω・)

まぁ、相手の運営サイトを検索から飛ばすという性質上、偽名(ハンドルネーム)でのやり取りで公的効力を発揮させるって、だいぶ難しいとは思うけど・・・なんでパクリ犯に申立人の個人情報をくれてやらねばならんのだ!と思い・・・できればやりたくなかった方法なんですね。

ちなみに、ちょっと調べてみると・・・個人情報を全世界に公開されるって知らなくて、申立て取り下げたって人もたくさんいるようで。しかも、その申し上げ取り下げの方法も・・・めっちゃめんどくさいみたい!

申立てするならローマ字表記がいいのかな。でも、個人情報が公開されるには変わらないから、いたずらとか諸々心配する人はやっぱりしない方が良いんじゃないかなぁ・・と感じますよ。

パクリ犯が使ってるレンタルサーバーに「権利侵害情報の削除依頼(エックスサーバー)」を出して、サイト抹消してもらう事のリスクとは?

次はこっちについて。Googleと違って、こっちはかなりめんどくさいですよ~(;´・ω・)詳しくは上リンクから。

ザックリ方法としては・・・

自分でPDF→ワードに落とした書類に色々書いて、

本家サイト&パクリサイトの比較画像を全ページ分作って2部封入して、

さらに比較URL書類作って2部封入して、

印鑑証明を添付して・・・

とにかく、手間がかかる!しかも印鑑証明とか、かなり重い書類も添付しなくちゃいけない(;´・ω・)それがリスクですね~・・その書類渡して、本当にだいじょうぶなん?っていう。

でも印鑑証明については「コピー可&返却可」ということだったから、心配な人はそう対応してみるとイイですね。私もそうするつもりだったし。

私がパクられた記事は23記事。これを書類にまとめると、やり方調べつつ3時間はかかりますね。パクった側は毎日機械的にコピぺしてるだけで楽チンなのに、なんで本家サイト運営側はこんな大変なのさーと思ったけど、そこはグッとこらえて淡々と書類作成(笑)

あとは、パクリ犯が使ってるエックスサーバーに電話でちょろっと質問して印刷&郵送というところで、無事でき上がりましたよ~

これがうまく通れば、該当記事が消える!もしくはサイト自体が抹消される!らしいですよ。こっちはもちろんパクリ犯に個人情報とか、印鑑証明の内容はいかないからね~Google対応よりも「個人情報」を気にする人にはいい方法だと思いますよ~何しろ大変だけどww

あ、ちなみにこの段階で、同じくパクリサイトにまるっと無断転載されてたブロガーさん2人にメッセ欄から報告してみました。訴えるなら大人数でした方が効力増すかな?と思ってね。

あれ!パクリ記事消えてる!なんと、あっけなく解決~ヨカッタ(;´・ω・)♡

そこまでやってみて、夕方にちょろっとパクリサイトを見たならば。なんと、パクられた23記事、ぜんぶ削除されてましたっ!!拍子抜け。

とりあえず解決したんで、苦労して作った書類も使わずじまい。でも、ホントよかった~

でもねぇ~そのパクリサイトにまるっと盗まれてるブロガーさん、まだまだいるし、パクリ犯少なくともあと2つはパクリサイト運営してるっぽいからね。(フッターにリンク貼ってあった)本当に困ったものです・・・先方にも言ったけどさ、犯罪だからね。

そんなこんなな、顛末記でした。

今までは、記事一部&引用リンク付きなら宣伝もかねて転載可かな~ってゆるくとらえてましたが、丸々盗んでいく厚かましい人もいるんだ(;´・ω・)と激震なできごとでしたよ。

右クリックでコピーできるから盗っちゃえ!とか、どうしようもないノウハウ垂れ流してる人も世の中にはいると思うし、その情報買っちゃう人もいると思うんですけどねぇ~・・(コピペだけで○○万円稼げるよ的な、どーしようもない情報)

それ、犯罪ですから!!!!!

広告収入で儲けられるなら、ちょっとコピーしてみよ♡って安易な考えから、多額の罰金を取られる事態にもなりかねませんからね~(ググって!)ほんとやめてくれ!と声を大にして言ってみた、そんな記事でした~

あ、ちなみにキュレーションサイトと呼ばれるまとめ記事作成、せっせとしてる人もいると思いますが、それも犯罪です。私はグレーとしてとらえてましたが、あれも厳密には黒です。

【追記 2017年11月24日】あれ・・またパクられてる

1日明けて・・・当記事が、また無断転載されてます。

この記事ですよ!?!?「著作権侵害してるサイトが、自分の事 書かれてる記事をアップ」してるんです(;´・ω・)・・・あきれてモノが言えませんよ。

RSSで、勝手にパクる設定でもしてるんでしょうねぇ~・・まぁ、また削除依頼だしましたが(笑)

さて・・いつまで続くのでしょうか・・逆に見モノであります( ゚Д゚)

【追記 2017年11月26日】ネット消滅で決着!パクリサイトが使ってる広告サービスに申告するのが一番お手軽&即効性ありました~

あれ、消えたよ!?パクリサイト♡

先ほど、パクリサイトをチェックしようと、ブックマークからアクセスしたならば。

あれ!?表示されない!?!?ん・・?消えた・・??

どうやら・・・なんと、サクッと「サイト抹消」されちゃいましたっ♡

実を言うと、またパクられたのが判明した24日、その足で「相手が使ってる広告サービス」に申告してたんですね~。

今回で言うと、A8ネット。

A8ネットの著作権侵害申告フォームより「http://○○/ は、私の記事をコピーしています。他にもコピーされてるブロガーさん多数います。広告主さんが困ると思いますので、調査願います。」こんな感じで申告しました。

ちなみに、こちらの個人情報は一切つたえなくてOKでした(任意)。そこのところはプロの判断で「黒」がつけば、申告元は問われないようです。

広告サービスであるA8ネットは、広告主との信頼関係のもと成り立ってるわけなんでね、パクリサイトに広告表示させてしまうと、信頼関係に関わるので早く対応してもらえるのです。パクリにくれてやる金はない、という発想でしょうか。

というわけで、「パクリサイトが使ってる広告サービス」に申告するのが、ネットから消滅させるためには、いちばん手っ取り早い♡という結論に至りました。

ちなみに、パクリサイトが使ってる「広告サービス」の調べ方

  • PCから、ポインタを広告の上に置いて(決してクリックしないように!)、PC画面下に表示されるURLから、広告サービスを調べる
  • 広告の上で「右クリック→リンクのアドレスをコピー」のあと、「メモ帳にコピー」で調べる

一例としてこんな感じ。判明したら、そのサービスにサクッと申告してください。

  • 【Googleアドセンス】https://www.googleadservices.com/
  • 【A8】https://px.a8.net/~
  • 【バリューコマース】http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/

うまくいかないときは、レンタルサーバー・ブログサービスに申告する

パクリサイトは、広告収入のために運営しています。

なので、上のような「収入元を切る」方法が今回効きましたが、もしうまくいかなかった場合、レンタルサーバー・ブログサービスに申告してみてください。

有料ブログの場合は、レンタルサーバー。

無料ブログの場合は、ブログサービスへ。(アメブロ・FC2・ファンブログなどなど)

ただ上にも書きましたが、レンタルサーバー(エックスサーバー)は煩雑でした。無料サービスへの申告は調べてないので、必要に応じてチェック願います。

とにもかくにも、「広告サービスへの申告」が、楽チン&シンプルですね~!

まとめ!

あ~、こんな徹底的にする予定じゃなかったんだけど・・最終的に消えてくれたから結果オーライでしたねw

もし、パクリサイト被害に合ってる方の参考になればと思います。

・・・って、参考になる事態に合わないのが一番なんですけどね(;´・ω・)

いま、これ系のパクリサイト被害って多いみたいなんで、「被害にあわない対策」前もってするのが大事だな~と感じた、そんな一件でした。

今回この件で、たくさんのブロガー友達から共感していただきました。本当にうれしかったし、力になりましたっ♡本当にありがとうございました!

「NO泣き寝入り!」←ぜんぶ終わってみて感じたコトww

では、またね~!




【LOCO本】kindle書籍「ランキング3部門 1位」!


>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 科学・テクノロジー > 工学

>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 趣味・実用 > カメラ・ビデオ

>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > コンピュータ・IT



これも、皆さまの温かさあってのことです!

本当に、ありがとうございます~~( ;∀;)


スマホ・PC問わず、kindle無料アプリをDLすると簡単に読めるので

ぜひ見てみてくださいね♪



Kindle 無料アプリのダウンロードはこちらから

■LOCO本はこちらから

↓↓
   





最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^


お帰り前に、下のランキングバナーを

ポチポチっ!と、かる~く押していただけると

飛んでヨロコブ、単純なロコです♪


あなたの応援が、ブログ更新の励みになります^^!!


↓↓↓



人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村


コメント

  1. もりりんパパ より:

    こないだメルマガに書いてた内容はこういう事だったのね(;´Д`)

    てかわが子のような記事をそんな風に扱われて、たまったもんじゃないですよね。
    しかもその後またパクッテるんですか、とんでもないな…。

    凄く勉強になりました!
    ちょっとこの記事をまた読み込んで参考にさせて貰います!!

    …ちなみにこの記事を読んだあと、試しに右クリックしてみたのは僕だけではないはずw

    • loco より:

      そ・う・な・ん・です~~!
      情報解禁ですww

      あまりに激震だったので、また裏でちょっと動きましたよ( ゚Д゚)
      凡ミスにもほどがあります。

      RSSで「投稿記事を全体表示しない」方法でパクリを
      ブロックする方法があるらしく
      とりあえずそれもしたところデス。

      もりりんさんのブログ、とても魅力的だから
      もしかしたら・・あるかも・・しれませんよね。
      って、この記事を使うような事態にならないのが
      一番なんですけどね・・・( ゚Д゚)

      パクリ側が無料ブログだったらブログサービスへ、
      有料ブログだったらレンタルサーバーへ通告。

      あとは、相手が使ってる広告サービスへの通告が
      痛手になってイイと思います~

      うふふ、右クリック試されましたね♡
      たしかにたしかに~~(笑)

トップへ戻る