サクッとシェアしてもらえると、喜びます!

【100均ワッツ】立体DIYリメイクシートで撮影背景つくったよ!カフェ風 写真の撮り方

サクッとシェアしてもらえると、喜びます!

スポンサード リンク

こんばんは~ロコです^^♪

昨日、初めて100均ワッツに行ってきました~

ある場所は知ってたんだけど

別にメリットを感じなかったもんで

今まで足を踏み入れたことなかったんですね。

100均ワッツは、 ミーツ・シルクと同じ系列とのこと。

ミーツに関してはさっぱり

イメージすらわかんないんですが

シルクは・・・正直言っちゃうと

パッとしない100均・・・

こんな思い込みがあったもんで

ワッツって聞いても、

あえて行こうと思ったことなかったんですよね~

(いや、ミーツに関しては

思い込みでもなんでもないですね、何せ知らないからw)

ただ一つ言うなら・・・

「ワッツ=おしゃれらしい」

このキーワードだけは知ってたんですよ。

なもので、昨日ちび君が

「キラキラ折り紙欲しい」て言ってたタイミングで

じゃあ行ってみよっか、ワッツ。

それくらいの感覚で、足を運んでみました。

予想外!100均ワッツ!明るくて洒落た商品ラインナップ

そんなこんなで行ってみました。

100均 ワッツね。

初めての印象としては

「げ!なにこれ!!洒落てる!!(;^ω^)」でした(笑)

方向性としては、セリアですね。

(ここからさらに

LOCOの感覚全開で書いていきますね)

店内は、 白く清潔感があって

木目調グッズのラインナップに

力を入れている印象でした。

特に印象的だったのは

カラトリーグッズ売り場。

フォーク・スプーンをはじめ、取り分け用カラトリー・

フライ返しもろもろが「木製」で可愛かった!

カラトリーだけの個人的なイメージは

スリーコインズが割と近いかと思います。

他の100均にはないかな~この可愛さは。

・・・って感じたんですけど

今まで100均カラトリー売り場を

真剣に見たことがなかったので

もしかしたら、他の100均でも

この手の商品あったかも??

ただ、ワッツの売り場配置が洗練されていて

あくまで「魅せ方」がうまかったから

私の脳裏に強く焼き付いただけかも・・・?てな感じ(笑)

そんなこんな言いつつも

100均で、ちょっと可愛いカラトリー買いたい!

ってなったら、ワッツに行ってみる価値ありですね♡

私が行ったワッツでは

お店のよく見えるところに

植物系・アクセサリー・ネイル・キッチングッズ

あたりが陳列されていたので

女性、特に主婦層ウケ狙ってるのかな~

たしかに私の心にも響くわ~~♡♡♡

なんて思えるお店作りでしたよん^^

いや~今まで100均の店舗に足を運んでみて

ディスプレイ方法に「おっ!?」と思ったことは

一度もなかったため、正直感動しましたよ。

行った ワッツの店舗自体はそんなに広くないし

ネイル商品は、近所のセリアと ほぼかぶってるから

そんなに頻繁に行くことは無いと思うんだけど

(ワッツ、遠いの~(;^ω^))

この近辺に行ったら、もれなくチェックしたい

そんなお店でしたよ~!

そうは言っても、 ワッツではカラトリー未購入(笑)リメイクシート買ったよ

そんなこんなで、初めての100均ワッツで

木製カラトリーに感動した私なんですけど

実は買っていないんです。

ゴリ押ししといて、 ごめんなさい(笑)

本当言うと、 別に買ったものがあったんです。

それはね・・ワッツ リメイクシート。


壁あたりにペタッと貼ると

フツーの壁が、可愛い

ナチュラルレンガ風になる♡っていう

クッションシートなんですよ。

DIYグッズですね~

これ系のリメイクシートって

他の100均でもよく売られてるし

私もたまに眺めたりしてるんですけど

実際買ってみよう!とは思ったことなかったんですよ・・・

それは、 何はなくとも

「ハリボテ感」が出ちゃうから。

嘘っぽい木目とか、レンガ調とか

あえて貼ることも無いよね~(;^ω^)って

思ってたんですよ。

でもね、このワッツ リメイクシートは

クッションタイプの立体的なもの!

普通の紙シートと違って

凹凸があるっていうのが、かなり好ポイント♡♡

一目見て、ビビッときましたね!

・・・ ただ、家には貼る場所がない。

しかも、いくらで 立体的なリメイクシートとはいえ

ぱっと見「本物じゃないよね?感」は否めない。

そこで思いついた使用用途は

「撮影用・背景」としてのチョイスです^^

このブログを運営する時に

ネイル写真撮ったり

マニキュア瓶あたりの物撮りするんですが

その時の「背景」として使えるよね!

そう思って、ワッツ リメイクシートを

使ってみることにしたんです。

このリメイクシートは4色展開。

私は、 一番自然なレンガの色をしている

「モカブラウン」を選びました。

厚みは1センチほどあって、

発泡スチロールのような素材でできているため

凹凸もしっかりしています。

これだったら、撮影背景に使った時

結構リアルっぽくいけるんじゃないかな~

そう期待したんですね。

撮影用背景DIY!ワッツ リメイクシートを貼ってみる

DIYとはいえ、特に難しいことはしません。

ベースとなる板に、リメイクシートを貼るだけです。

とにかく撮影時に「レンガ調 背景」が

あればいいだけですからね~(笑)

はじめに、ダイソー PP シートを用意します。

ここにワッツ リメイクシートを

リアルなレンガ積みを思わせるよう

ランダムに組み合わせて、はさみで切ります。

素材は発泡スチロールのようで

とてもふわふわしています。

ハサミで簡単カットができます♡

リメイクシートの裏には、

すでに両面テープが貼ってあるので

あとは PP シートにペタッと貼っていくだけです。

今回はあくまで

「レンガ積みの様子」だけが必要なので

PP シートの周りも残したままです。

別に、 リメイクシートと

同じ大きさにカットしなくても

撮影には一切支障が出ないし

強度もいまいちになるかな~と、あえての未カットです(笑)

わりとリアルっぽいかな?とは思いますが

そこはやっぱり100均なので

完全クオリティは期待していません。

・・・といいますか

そこに関して「秘策」があるため

これくらいラフな感じでもOKかな~と。

【カフェ風 写真】ワッツ リメイクシート背景で写真撮影してみたよ

早速、撮影してみましたよ~

私が愛用している

セシェヴィートトップコートの物撮り。


結構、アリな感じだと思いませんか?

先ほど言っていた「秘策」とは

背景をボカすこと~ですね。

(ミラーレス撮影です)

これだったら、リメイクシートが

多少ウソっぽい作りでも

本物っぽく見えちゃうかな~と(笑)

でも、これが本当にペラペラな

紙にプリントしただけ&安っぽいリメイクシートだったら

もっと「ウソっぽさ」がでちゃうと思うんですよ。

今回トライした「ワッツ リメイクシート」くらいの

凹凸があってこその「レンガ調 背景」かな。

いま巷で流行ってる、カフェ風~な写真♪♪

ちなみにこっちは

ボケをちょっと弱めた撮影。

これだと、多少リアル感かけるけど

まあそこそこ OKかな~くらいの

そんな感覚です(笑)

と言うか、もっとリアルを追求するのであれば

このリメイクシートの上に

ブラウン系の着色をすればいいんですよね。

う~ん、ちょっと考えてみます!

でもでも、これだけでも

かなり使えると思いますんで、トータルで見て

「初のワッツ商品!成功♡♡」でしたね♪

こんな背景って、いま流行ってますよね~

この前、キャンキャンあたりで

「物撮りシートのふろく」ついてたのチェックしてたので、

ぜひぜひレンガ調背景、試してみたかったんです♡

(雑誌は買わなかったけど・・)

念願かなってGETできて、とってもウレシイです♪♪

【カフェ風 写真】ネットでおすすめ!レンガ調リメイクシート

もっとレンガにリアルを追及するなら、

このリメイクシートがいいですね~♡

(さすがにこれは、100均じゃ変えないわ・・レベル(;^ω^))

その理由は、写真撮るとき

ある程度 ボケみを無くしても安っぽくならない、

リアルなレンガプリントだから。

(直球ド真ん中!な撮影しても、安っぽくならない)

ボケ写真に弱い「スマホ撮影」でも

ささっと撮るだけで、今インスタで流行ってる

かっこいいレンガコラボ撮影できちゃいますよ~

↓↓

では、またね~



■LOCOインスタグラムは、コチラ!


【LOCO本】kindle電子書籍だしました







kindle電子書籍の読み方

  1. kindle無料アプリをダウンロードする(PC・スマホOK)

  2. 上の書籍画像リンクから、注文確定をする(“1‐clickで今すぐ買う”ボタンで、無料ダウンロードできますよ)

  3. アプリから電子書籍を読む



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*


最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ 

お帰り前に、下のランキングバナーを 

ポチポチっ!と、かる~く押していただけると 

飛んでヨロコブ、単純なロコです♪ 


あなたの応援が、ブログ更新の励みになります^^!! 

↓↓↓  


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村
トップへ戻る
error: Content is protected !!