DIY【静かにレザークラフト】菱目打ち機を自作してみた

サクッとシェアしてもらえると、喜びます!



◆注意:当サイト記事を転載される際、メッセージ欄よりご連絡ください!

(コピぺしたよ~の通知がよく来るので、書かせていただいてます(;^_^A)

こんにちは~LOCOです^^♪

前回の続き、静かにレザークラフトをしてみたく、DIY菱目打ち機を作ってみた話です。

 

結論から言うと、ネットで調べたDIY菱目打ち機と同じ形です。でも細かいサイズまでは書いていなかったので、サイズは現物合わせで作ってみました。

 

木工はあまりしたことがなく苦手なジャンル。とても心配でしたが、救世主が現れ、無事に完成させることができました。

 

菱目打ち機をDIYする時間自体は、2日ほどでできました。後述しますが穴あけに失敗したり、部品を追加購入したため2日かかりましたが、慣れている方なら1日でできると思います。そして、一部のパーツはAmazon取り寄せしたので、トータルで1週間ほどかかったかな~という感覚です。

 

DIY菱目打ち機に使ったモノ

【Amazon購入品】

  • ドリルチャック
  • トグルクランプ

 

 

こちらはAmazon購入品です。地元のホームセンターを何か所か回りましたが売っていませんでした。菱目打ち機の作りは、トグルクランプの先に、菱目打ちを装着したドリルチャックを付けたものです。てこの原理でレザーに穴を開けるんですね。

 

大事なパーツはこの2つです。そして、このパーツたちを固定するために、以下のアイテムも必要になります。

 

 

【ホームセンター購入品】

  • 小ねじ なべ(8×70 → 6×70買い直し)
  • 小ねじ なべ(6×40)
  • さら木ねじ (4.5×38)
  • SPF集成材(18×150×1820)

 

ネットで調べて同じねじを買ってきたのですが、作ってる最中で、長いねじの径が太いことに気が付いて(ドリル径が合わず・・・)、6mmのものを追加購入しました。穴あけができる方は、8mm径のものの方が安定するので、そちらの方がいいかもしれませんが、安定するよう木材カットをしたので、今のところ6mmでも問題なさそうです。

 

木材はSPF集成材を買いました。長さ1820という事でかなり長く、購入に躊躇しましたが、ホームセンターでカットサービスをしているという事でそちらを利用しました。いろんなホームセンターでカットサービスをしているみたいなので、ざっくりお店でカットしてから家で作業するとラクチンです。私が行ったホームセンターは自分で作業できる工作室もあって店員さんも手厚く教えてくれたので、苦手な木工も問題ありませんでした。

 

そうそう、購入にかかった費用は、トータル3500円ほどです。木材をちょっといいものにしたのですが、もっと安くすることもできると思いますよ。

 

 

ホームセンターでカットしてきた木材

そんなわけで、ホームセンターでカットしてきた木材です。直線カットは店員さんのサービス、斜めカットは自分でお店併設の木工室でしたものです。

 

たまたま運よく、私が行った時間にいた店員さんが手厚い方で、ノコギリで真っ直ぐカットする方法や、水平を取る方法も教えてもらえました。これ、家で一人でやってたとしたら、もっともっと時間かかってました(;^_^A本当にありがたかったです。

 

ホームセンターではテンパって穴あけまで出来なかったのですが、できればお店で穴あけまで済ませたかったです。・・・というわけで、穴あけは自宅の電ドルです。垂直に穴あけするのが難しくて、いちばん上にある正方形パーツの穴あけミスしちゃってます(;^ω^)この写真では、穴を埋めているところです(笑)

 

 

穴あけミス(;^_^A穴埋めしてまた開けました・・・

トグルクランプを付ける面、木材でいうと小さい正方形パーツのところなんですが、先に取り付けしてしまったせいで、垂直に穴を開けるのがかなり難しかったです~失敗しました(;^_^Aあ~もうちょっとお店で冷静になって、穴あけまでやっておけばよかった~と後悔した瞬間です(笑)

 

穴あけミスしたところは、割り箸をボンド度ともにつめ込んで、またドリルで穴あけしました。2回目の穴あけでまたズレるんじゃ・・・と心配でしたが、意外とそちらは上手くいってホッ。このズレた穴は、その後パーツを付けたら綺麗に書くれました~結果オーライでしょうか(;^ω^)

 

 

パーツを付けて、全体も組み立てます

ドリルチャック&トグルクランプが垂直に取り付けられるか確認したら、土台も取り付けます。ボンドを全体的に塗ってから、補強用のねじや、転倒防止の足を付けて完成です。

 

そんなわけで形になった、DIY菱目打ち機です。トグルクランプの取っ手を下におろすと、ドリルチャックの先につけた菱目打ちが下がり、セットした革に穴が開くという構造です。

 

 

この菱目打ち機を導入してから、目に見えて穴あけスピードが上がりました!しかも静かに!!

このスマホケースを作る時、せっかくなら早く&静かに&キレイに穴あけしたいな~と思って作った、DIY菱目打ち機。思ったよりイイ感じでしたね~!サクサク穴あけができて感動!!

 

とはいえ、力が入りやすいので、調整が難しいとも感じましたねぇ。というのも、サクサク穴が開くからといって思い切って貫通させると裏面の菱目が汚くなるんです。裏面のことも考えて、力加減しないといけないと思いました。

 

また、細い直径の菱目打ちをセットすると、穴を打っていくとギュッとしまって、ドリルチャックが回らなくなるのが厳しいですね(笑)そういう時は夫に回してもらうか、そこは諦めてゴムハンマーで打つか・・・といった感じです。特に細いポンチなんか、ガッチガチで手の皮むけるレベルですねw

 

ポンチに触れましたが、ちゃんとセットすれば静かに穴あけできるのもイイです!ただ・・・ドリルチャックが回らなくなるのはきついですねぇ~

 

幸い、木工の部分は成功していて、ドリルチャックを垂直に下ろす作りは再現できました。・・・が、ドリルチャックの作りがちょっと甘いのが気にはなりましたね。特にポンチで穴あけをする時、全面に等しく力がかからないので、何度か回しながら、分けて穴をあける必要がありました。でも、静かに穴あけができるということには変わりないので、後は使い方次第ですかね~

 

 

そんな感じの、DIY菱目打ち機してみた~でした。トントンと菱目打ちするのもレザークラフトの良さかとは思いますが、集合住宅に住んでいる私はそうもいかず作りましたが、作ってみて正解でしたねぇ。

 

私は木材にちょっとお金をかけたので3500円ほどかかりましたが、もっと安く作ることもできるので、興味のある方はぜひお試しいただければと思います^^

 

 

 

 



\肌ケア/ シルク♡プリーツマスク作り方


とにかく「LOCOの欲しい!を全部つめ込んだ シルクマスク」を作りました!

  • 裏地シルク
  • NOワイヤーでもフィット感(アゴも)
  • プリーツタイプ
  • 横ポケット付き
  • マスクゴム代用品(伸縮性ゼロでもOK)


  • ぜひ動画をチェックしてみてね^^♪

    シルクマスクで肌ケア【上下ギャザー】横ポケット付きプリーツマスク作り方

     

    ■詳しいブログ解説記事はこちら

     



    \LINE登録者さま限定 /プレゼント中

    ボリューム”全9,984文字”!

    LINE登録者さま限定で、「SNSプレゼント企画の作り方」レポートを、無料でお渡ししています。


    LOCOが主にインスタグラムで開催した、手描きスマホカバーのプレ企画をまとめましたので、どうぞこの機会にご覧くださいませ^^♪



    ぜひ気軽に、お友達になってくださいね。

    ブログ感想も、いただけると喜びます!


    友だち追加

    https://lin.ee/2CfkwcQ

    「ざっくり配信内容」はこちら




    今日もお読みいただいて、ありがとうございました。


    お帰り前にポチっと応援お願いします♡

    1日1回のランキング投票が励みになります♪

    次回も楽しんでもらえるブログを更新しますね^^♪

    にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
    LOCO応援はこちら


    スポンサーリンク

    【kindle電子書籍】3冊目 出版しました♡


    心を込めて書いた、3冊の電子書籍です。

    それぞれ、自分で試行錯誤したことだけ書いている「実践記」♪

    たくさんのレビューをいただき感謝です!



    ■簡単に「サロン級マニキュア」を作る方法




    ■割れやすいチビ爪を「美爪」に変えた方法




    ■DIY撮影ボックスで、綺麗なスマホ写真を撮る方法



    キンドル電子書籍の読み方

    1. kindle無料アプリをダウンロードする(PC・スマホOK)

    2. 上の書籍画像リンクから、注文確定をする(“1‐clickで今すぐ買う”ボタンで、無料ダウンロードできますよ)

    3. アプリから電子書籍を読む