シャツリメイク【変形レジ袋エコバッグ】BIGマチ付きたためるエコバッグの作り方

サクッとシェアしてもらえると、喜びます!



◆注意:当サイト記事を転載される際、メッセージ欄よりご連絡ください!

(コピぺしたよ~の通知がよく来るので、書かせていただいてます(;^_^A)

こんにちは~LOCOです^^♪
7月1日より、レジ袋有料化が始まりましたね!

私は市販の大きなエコバッグと、ハンドメイドの小さなエコバッグを持っているのですが、もうちょっと使い勝手のいい小さめエコバッグが欲しいなぁ~と作ってみたのでご紹介します。

基本形はレジ袋です。
さらにマチを広く取っているので、柔らかい食パン2斤もらくらく入れることができます♡

では、ご覧くださいませ。

今回作る、たためるエコバッグの完成形はこちらです。

(縦 28㎝×横 25㎝×マチ 20㎝)

 

リサイクルショップで買った、ダブルガーゼの8分袖シャツをリメイクしました。

 

 

 

実はマスクを作ろうと思って買っていたのですが、手触りが良くて普通に着てました(笑)

 

と思っているうちに、マスク生地はいろいろ調達することができたので、このシャツは結局 使わずじまい・・・

 

かといって、来シーズンにこのシャツを着るかと言ったら分からないかな~と思ったので、この機会にエコバッグへリメイクすることにしました。

 

 

 

このシャツ生地、とても柔らかくて気持ちいいんですよね~お気に入りです。

エコバッグにリメイクして、いつも一緒にお出かけできたら嬉しいな♡と思っての製作でした。

 

 

実際に作りながら、あれこれ構想を変えつつ完成となりました。

おかげさまで使い勝手のいいエコバッグになったかな~と感じます。

 

では、どうぞご覧ください^^♪

 

 

作り方!シャツリメイク【変形レジ袋型】BIGマチ付き/たためるエコバッグ

こちらが、リメイク前のシャツの全貌です。

メンズのシャツです。

 

ダブルガーゼでもしっかりめの生地なので、裏地は付けず、このまま作っていきます。

 

 

 

バッグの裏処理(特にサイド)が面倒なので、可能な限り、シャツの身幅を生かして作ろうという構想の下スタートしました。

 

あ、あと、胸ポケットもデザイン上 生かしたいな~という希望です。

 

 

裁断しました【リメイク エコバッグ 作り方】

裁断しました。

 

エコバッグの本体は、シャツの前立てを生かしたデザインにします。

前立ては、あらかじめミシンで縫っておきます。

 

 

シャツの下はラウンドになっているので、直線に切り、わきの下までカットしました。筒状になっています。

 

筒状になった身頃の上は、バイアステープでぐるっと処理しました。

身頃の下は、最後にマチを付けて処理するので、今のところは放置です。

 

 

持ち手は、シャツの袖から取っています。

(細く加工してミシンで縫います。詳しくは後の写真をご覧ください。)

 

シャツのポケットは、ほどいて付け直します。

(そのままの位置だと、シャツ身頃を裁断した時に切れてしまうので、一度ほどきました。)

 

 

中央で折りたたみます【リメイク エコバッグ 作り方】

エコバッグ本体(シャツ身頃を筒状にしたもの)と、エコバッグ持ち手(シャツ袖)の処理をしました。

 

 

エコバッグ本体は、写真のように中央を中に織り込んで、しつけをしています。

 

持ち手は、シャツから裁断した部分を細く中表に織り、ミシンで縫った後に表に返しています。

 

 

持ち手&マチづくり【リメイク エコバッグ 作り方】

取っ手を付けます。

取っ手の端を織り込み、エコバッグ本体に取り付けます。

外れないよう、しっかり丈夫に縫うのがポイントです。

 

 

エコバッグのマチを縫います。

上の写真で説明した「サイドを中央に織り込んだ状態」から、次の工程に移ります。

 

  1. 表の状態で、下1㎝をミシンで縫います。
  2. 裏に返してアイロンがけした後、下1.5㎝をミシンで縫います。

 

 

これをすると、マチが完成します。

今回は、シャツ身幅いっぱい生かして作りました。

 

マチ20㎝と、かなり広く仕上がりました。

お好みのマチ幅で作ってみてくださいね。

 

 

エコバッグの上がバサバサ広がらないよう、マグネットを仕込んだバイアステープで、ピタッと閉まるように加工をしました。

これがあると、中に入ってる荷物が少なくても、形が崩れずイイ感じです。

 

ひっくり返して完成です^^♪

 

 

完成!シャツリメイク【変形レジ袋型】BIGマチ付き/たためるエコバッグ

というわけで、完成です!

 

レジ袋の構造を参考にした、たためるエコバッグです。

シャツリメイクなので、そちらもエコな感じになりました。

 

 

ちょっとした本なら立てて収納もでき、お弁当などひっくり返したくないものを入れる時は、20㎝マチで安定して収納することもできる、使い勝手のいいエコバッグです。

 

 

 

最後に付けたマグネットを仕込んだバイアステープは、マチがバサつかないようにする為の工夫です。

 

最初はボタン系にするか、リボン系にするか悩みましたが、どちらも使っていてめんどくさくなることが予想できたので、マグネットに落ち着きました。

 

 

このマグネット、100均の超強力マグネットというものです。

 

かなりイイ感じにピタッとくっつくので、さっとバッグを閉めたいという時にも重宝すると思います。

 

 

食パン2斤を入れてみました。

小さめエコバッグとはいえ、マチを20㎝取ってるので大容量です。

 

やわらかい食パンも、安定して入れることができますので、ちょっとした買い物にも重宝しそうですね。

 

 

また、エコバッグは平置きにしてクルクルっと丸めてしまうことができるので、持ち運びも楽チンです。

 

私はめんどくさがりなので、ゴムで縛ったりもせず、丸めた状態で持ち運ぼうと思っています(笑)

 

 

手軽に持ち運べるエコバッグ、ひとつ持っていると安心ですよね^^

 

私はちょっとそこまでドラッグストアへ~とか、100均へ~という時にたくさん使うかなと思っています。

 

また便利そうなエコバッグ思いついたら作ってみますね!

 

 

関連記事:スーパー用のBIGエコバッグはシュパットを使っています

スーパー用は、荷物がとても重くなりますよね。

ハンドメイドのエコバッグは、強度的に何となく不安だったり、丸めて持ち運ぶにしてもかさばりそうで、今のところ市販品を使っています。

 

それにしても、このシュパットは軽くかさばらないし、両端を引っ張るだけで秒でたためるのがいいですね~レジかごにかけてしまうこともできますし。

 

子育て自転車ユーザーの私としては、前かごにジャストで収まるサイズ感もお気に入りポイントです♡

 

どれくらい食料品が入るのか?など記事に書きました。

どうぞご覧くださいね^^

 

 

 

 



\肌ケア/ シルク♡プリーツマスク作り方


とにかく「LOCOの欲しい!を全部つめ込んだ シルクマスク」を作りました!

  • 裏地シルク
  • NOワイヤーでもフィット感(アゴも)
  • プリーツタイプ
  • 横ポケット付き
  • マスクゴム代用品(伸縮性ゼロでもOK)


  • ぜひ動画をチェックしてみてね^^♪

    シルクマスクで肌ケア【上下ギャザー】横ポケット付きプリーツマスク作り方

     

    ■詳しいブログ解説記事はこちら

     



    \LINE登録者さま限定 /プレゼント中

    ボリューム”全9,984文字”!

    LINE登録者さま限定で、「SNSプレゼント企画の作り方」レポートを、無料でお渡ししています。


    LOCOが主にインスタグラムで開催した、手描きスマホカバーのプレ企画をまとめましたので、どうぞこの機会にご覧くださいませ^^♪



    ぜひ気軽に、お友達になってくださいね。

    ブログ感想も、いただけると喜びます!


    友だち追加

    https://lin.ee/2CfkwcQ

    「ざっくり配信内容」はこちら




    今日もお読みいただいて、ありがとうございました。


    お帰り前にポチっと応援お願いします♡

    1日1回のランキング投票が励みになります♪

    次回も楽しんでもらえるブログを更新しますね^^♪

    にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
    LOCO応援はこちら


    スポンサーリンク

    【kindle電子書籍】3冊目 出版しました♡


    心を込めて書いた、3冊の電子書籍です。

    それぞれ、自分で試行錯誤したことだけ書いている「実践記」♪

    たくさんのレビューをいただき感謝です!



    ■簡単に「サロン級マニキュア」を作る方法




    ■割れやすいチビ爪を「美爪」に変えた方法




    ■DIY撮影ボックスで、綺麗なスマホ写真を撮る方法



    キンドル電子書籍の読み方

    1. kindle無料アプリをダウンロードする(PC・スマホOK)

    2. 上の書籍画像リンクから、注文確定をする(“1‐clickで今すぐ買う”ボタンで、無料ダウンロードできますよ)

    3. アプリから電子書籍を読む