サクッとシェアしてもらえると、喜びます!

リキュールネイル3【バレンタイン】チョコレート風マーブルネイルの やり方

スポンサード リンク

スポンサード リンク


こんばんは~ロコです^^♪

今日はね~ちょっとイイことがあったよっ!

また後日、ブログアップしますね~

(最近てんやわんやだったから、この優しさが心にしみる・・涙)

・・・というわけで、

今回のネイルはリキュールネイル3で

「チョコレート風マーブルネイル」のご紹介ですっ!

12月に入った矢先、

季節はクリスマスネイルでしょ!?って感じだけど

あえての「バレンタインネイル」投入ですっ!(笑)

いや~特に理由は無くてね、

ベースに乳白色ネイル塗って、それに合う色?合う色?って

探してたら・・結局バレンタインを彷彿とさせる

チョコレート風ネイルに仕上がってしまいましたっ!という・・(;^_^A

まぁ、いいや!気に入ってるし。

そんなこんなで、使ったもの&やり方ご紹介します♪

【バレンタイン】チョコレート風マーブルネイル使ったもの&やり方

スポンサード リンク


使ったもの!ご紹介

個人的に、この写真ヒットです。

背景が玉ボケになってるもんで、夕日がイイ感じに

イルミネーションみたいに見えるな~と♡

(ネイルと関係ないけど、玉ボケとコラボしたかった、この日の写真)

チョコレート風マーブルネイルやり方

  1. ベースにエッシー乳白色を2度塗り
  2. 濡羽色×ゴールドを適当において、トップコートでマーブルにする
  3. 濡羽色でグラデーションネイルにする
  4. 乾いたら、ゴールドネイルシールを貼る
  5. セシェトップコートをたっぷり塗って、完成!

完成!【バレンタイン】チョコレート風マーブルネイル。リキュールネイル3使用。

はい、完成しました♪

季節先取り、バレンタインネイル!

チョコレート風マーブルネイルだよ。

リキュールネイル3の中でも、いちばん使わないだろーなーと

個人的に嫌煙していた「濡羽色」・・・

なんやかんや、フル活用ですw

ちなみに、他に「濡羽色」使ったネイルはこれ。

結局のところ、使い勝手いいね~

リキュールネイル3買ったときは「グリーン一番使うだろうな」って

思ってたんだけど・・・気がつけば使ってない、一度しかw

薬指のマーブル、いまいちな仕上がり(;^_^A

そして、中指のセシェが縮んでる・・・

撮影してるときに気が付いたよ~汗。

もっと乾かさなくちゃダメでしたねぇ~~

自爪ネイルって、どうしても仕上がり急いじゃうから

ベースの乾きが甘くなっちゃうんですよね。

(グチャってなるの嫌だけど、早く撮影もしたい・・そんなロコ心w)

で、乾きが甘いと、上に重ねるセシェヴィートが縮むという・・

あ!でも、バッチリ乾けば

セシェ縮むこと無いから、大丈夫だよ!

とはいえ、人差し指&小指はイイ感じに

仕上がったんですよね~あと、親指も!

それらの指は、セシェ縮みも無かったしねっ♪

中指に買ったゴールドシール。

一筆書きでサラッと書きました風のシール♡

やわらかな曲線が好きなんだ。

前に、このシール使ってイヤリング作ったのね~レジンで。

文字シール×べっ甲だよ。

ノンホールピアスに加工したの。穴あいてないから。

ゴールド文字シールって、濃いブラウンによく合うよね!

そしてポップ系じゃなくて、

シックだけど華やか♡っていうデザインにピッタリ。

今シーズン、また近いうちに出番くるだろうな~。

秋冬 持ってて損はない、そんなネイルシールですよねっ^^

↓↓

では、またね~!




【LOCO本】kindle書籍「ランキング3部門 1位」!


>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 科学・テクノロジー > 工学

>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 趣味・実用 > カメラ・ビデオ

>1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > コンピュータ・IT



これも、皆さまの温かさあってのことです!

本当に、ありがとうございます~~( ;∀;)


スマホ・PC問わず、kindle無料アプリをDLすると簡単に読めるので

ぜひ見てみてくださいね♪



Kindle 無料アプリのダウンロードはこちらから

■LOCO本はこちらから

↓↓
   





最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^


お帰り前に、下のランキングバナーを

ポチポチっ!と、かる~く押していただけると

飛んでヨロコブ、単純なロコです♪


あなたの応援が、ブログ更新の励みになります^^!!


↓↓↓



人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
にほんブログ村


トップへ戻る