国内外【ハンドメイド物販】ご相談を受けました。国を問わず、伝わる文章&写真の撮り方

サクッとシェアしてもらえると、喜びます!

こんにちは~LOCOです^^♪

先日、とあるハンドメイドの作家さんから「ネットでハンドメイドアクセサリーを販売するにはどうしたらいいのでしょうか?」という質問があったのでお話してきました。


話を聞くと、国内外問わずトライしてみたい、ということでした。

LOCOは国内をはじめとして、輸出入もしていたので、「日本で売る」というより「(世界の)どこでも売れる」という視点で、話をしてきました。


その基礎編として、言葉が通じなくても「ハンドメイド作品をキレイに撮って、良さを伝えるコツ」をご紹介したいと思います。

 

 

いや~LOCOは、国内外で物販もしていますが、やっぱり最終的に言えるのは「キレイな写真がキモ」という事に尽きると思うんですよねぇ~

 

 

この前も、海外のオークションサイトでハンドメイド作品を物色していたのですが、そこに出てる写真・・・全体的に暗いんですよね~

 

この中で、ただ明るいだけじゃなくて「分かりやすい被写体」さえ撮れれば、それだけで一歩抜きんでることができるんです。

 

 

もちろん言葉も必要ですけどね~

それはだいたい翻訳ソフトが頑張ってくれるのでイイとして(でも、作り手の熱いキモチが伝わらないとダメですけどね)、とにもかくにも「売れる写真」ありきなんですよ。

 

 

だって、真っ暗な写真じゃ「何の写真なんだろう?」って謎なままだし、海外の人が「言葉伝わらなさそうだから、別に買わなくてイイか」ってなる可能性が大きいと思うんですよね。リスク多そうな物って、正直絡みたくないですもんね。

 

だったら、言葉は拙くとも熱意をもって!は前提に「感覚でも、フラットに伝わる写真」で訴えかければいいのではないでしょうか?

 

 

では、具体的にLOCOが撮った「ハンドメイド写真」の流れをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



【ビフォー】何にも考えずに撮った写真

まず、何にも考えずに撮った写真です。

被写体は、LOCOハンドメイドの樹脂イヤリングです。

 

 

この写真を見て、NGなところをざ~っと挙げますね。

  • 何の写真か分からない
  • 暗い
  • 何のパーツが使われているか分からない
  • どんな雰囲気のアクセサリーか分からない
  • 影が必要以上に暗い

 

 

正直に言って、この写真がメインだったとしても、まったく買いたい気持ちになりませんよね(笑)

 

それこそ、いくら訴求文を頑張って書いても、イメージ挽回は難しいかと思います(;^ω^)

 

 

もうこんな感じで暗い写真になってしまったら、いくら画像加工しても無理です。最初から「ムダなところは消した写真」にしてこそ加工が生きるんですよね。

 

 

というわけで、全くダメな写真のご紹介でした。

 

 

 

【試行錯誤①】明るいところで撮ってみる

次は、ちょっと明るい窓際で撮ってみました。

午後2時くらいまでなら無難に明るい写真が撮れます。

 

LOCOは露出補正のできるカメラなので、午後4時までなら何とかなります。

 

使ってる小物も分かりやすいように、あえて引いて撮っていますが、これでもイマイチだな~と思う点がいっぱいあります。。

 

 

  • 必要以上にお皿の柄がテカってる
  • 全部にピントを合わせると、造花の安っぽさが際立つ
  • 被写体よりも増加が目立つ
  • 被写体よりも影が目立つ
  • いらない光が強すぎる

 

 

こんな感じですかね~

引いて撮っているとはいえ、これをいる部分だけ切り取ったとしても、マイナス要素は変わらないハズです。

 

 

さて、ここからどのように変えるか・・・

どうぞご覧ください。

 

 

 

【試行錯誤②】太陽光+プラダン(プラスチック段ボール)をかませるといい

前段階の写真で特に気になるのは「影&光」なんですよ。

これをナチュラルに消してあげるのがベストです。

(ミラーレスカメラ以上だったら、逆光がオススメです!)

 

その方法は、プラダン(プラスチック段ボール)を使うことです。

 

写真のように、ちょっと大きめのプラダンに角度をつけて、撮影きっと全体にかぶせてあげます。

 

LOCOは個人的に、一般的なレフ版よりもプラダンの方が、自然な光&影が作れるのでお気に入りですね。

 

 

太陽との間にプラダンをかませた写真です。

露出補正あげて、さらに加工も少々かけています。

最終的に、必要な部分だけトリミングをして完成です。

 

気を配った点はこちらです。

 

  • 被写体に程よく光を当てて、透明感を出す。
  • 角度をつけて、裏パーツも写し、1枚目の写真で、購入者さんに理解を与える。(2枚目以降に送らせるなど、手間をかけさせない)
  • 必要最低限の影になるようプラダンで調整。柔らかい影にして被写体の邪魔にならないようにする。
  • 被写体以外の飾りはピントを合わせない。あくまで被写体をメインとする。

 

 

基本的に、物販の写真って複数枚載せますよね。

その時、いやらしくない範囲で「1枚でどんな商品なのか?」を収められたらベストですねっ!

 

例えばこのイヤリングは、ただ正面から撮っていたら「ピアスなのか?イヤリングなのか?はたまたボタンなのか??」分からないと思うんです。

 

 

もちろんどんな絵が描いてあるか?どんなストーンが使われているか?何色なのか?を伝えるのももちろんなのですが、イヤリング2パーツのうち1パーツでそれを伝えることができれば、もう1パーツは「裏側」をチラ見せすることによって「あ!これって樹脂イヤリングなんだ!」と気づいてもらえるんです。

 

そうすると、わざわざ2枚目を見る前に結論が分かって、見ている側としてもストレスフリーなんじゃないかと感じるんですよ。

 

 

特に、イヤリングって、それだけ言っても金属のイヤリングもあるし、今回みたいな樹脂イヤリングもあるわけですよ。

 

金属アレルギーの人は、金属イヤリングはできないので、そういう方は樹脂系パーツで探す方もおおくいらっしゃると思うんです。

 

そんな「不安」を少しでも早い段階で解消させてあげたり、「安心」を感じてもらうのが1枚目のメイン写真のお仕事なのでは無いでしょうか。

 

 

 

ちなみに、ビフォー・アフターを並べてみますね。

まったく印象が違うと思います。

 

あくまでメインは被写であって、他に一緒に乗せたい時はボカす。

影や光も被写体の邪魔になりやすいのでボカす。

 

これでだいぶ、見ている側に「伝わる写真」になれたのではないでしょうか。

 

 

【販売するときの文章】お客様は手に取れないからこそ丁寧に。

最後に余談ですが・・・

先ほどの「ハンドメイド樹脂イヤリングをネットで販売」するなら?というテーマで文章書いてみましたので、何かのご参考になれたら嬉しく思います。

とにかく「手に取れない」からこそ、作家のこだわりや、人柄、おすすめポイントを詳細に伝えるよう工夫しました。

 

▽▽▽▽▽▽

こんにちは!「屋号」です。

この度は お越しいただき、ありがとうございます。

 

こちらは、ふんわり水彩フラワーのイヤリングです。


イヤリングのトップは、透明感のある水彩画を意識して、心を込めてカラーリングしました。

 

お花の中央には、キラリと光るワンポイントをあしらっています。

また、ベースは ほんの少しだけ、ゆらぎ感のある丸い形にしています。

 

水彩画のようなお花モチーフが より透き通って見えるよう、こだわって作製しました。

 

仕上げは、シンプルな形の中でも、ぷっくり盛り上げて作っています。

実際つけていただいた時、横顔の曲線になじむ様にイメージしました。

 

裏面も ぷっくり盛り上げて作っています。

イヤリング着用時、ちらりと後ろから見られた時にも自然なシルエットになる様、工夫しながら作りました。

 

イヤリングのパーツは、アレルギーの方でも安心してつけていただける「樹脂パーツ」で仕上げました。

しなやかなつけ心地なので、ストレス少なく お使いいただけるかと思います。

 

しかしながら、繊細なパーツでもあります。

お取り扱いは、優しくお願いいたします。

 

■サイズ ◯×◯
■パーツ 樹脂イヤリング
■個数 左右2個

 

ご不明点があれば、コメントよろしくお願いいたします。

△△△△△△

 

※注!文章丸パクリNGですよ~

※海外向けに翻訳するときは、擬音(オノマトペ)はありませんので、そこは省く必要がありますね。

 

 

 

国内のハンドメイドサイトではもちろん、翻訳サイト通して海外サイトで販売も面白いですよね♡

 

今回ご相談いただきありがとうございます!

活動、応援していますね^^♪

 

エネルギッシュな方なので、きっとおもしろい事してくれると思っています♡♡

 

 

 

 

もっと詳しい、スマホでもOKな「キレイ写真の撮り方」は、電子書籍にまとめています^^♪

 

簡単「プラダン撮影ボックスの作り方」や、

今回ちょっと省いた、アプリ加工の方法もありますよ。

 

スマホで効率的にキレイ写真を撮りたい方にオススメです♡

 

予告【プレゼント企画】手描きイラストでスマホケース!欲しい方はチェックしてね 2019/11/1現在

当ブログ管理人のLOCOによる、手描きイラストを、手帳型スマホケースにしました!

 

色は、読者アンケートにより決定しました。

ご協力ありがとうございました^^♪

おかげさまで、たくさんのこだわりをギュッとつめ込んだ、お気に入りの作品になりました!

 

 

そして日頃の感謝の気持ちを込め、11月中に、このスマホケースの【プレゼント企画】をします♡

 

おそらく、こんな感じのイベントになると思います!

 

 

  • インスタ & ツイッター フォロワーさん限定イベント
  • カラー3色展開
  • ご希望あれば、名入りセミオーダーもOK
  • ストラップも合わせてプレゼント
  • 当選人数 3名さま

 

 

対応サイズは、

おそらく全部のiPhoneと、androidです。

androidは、S・M・Lの3サイズ 強力ラバー?でケースに付けるタイプです。

 

詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください!

 




今日もお読みいただいて、ありがとうございました!


お帰り前に、ポチっと応援お願いします♡

あなたの応援が励みになります。

次回も楽しんでもらえるブログを更新しますね^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 自爪ネイルへ
LOCO応援はこちら


スポンサーリンク

【kindle電子書籍】3冊目 出版しました♡


心を込めて書いた、3冊の電子書籍です。

それぞれ、自分で試行錯誤したことだけ書いている「実践記」♪

たくさんのレビューをいただき感謝です!



■簡単に「サロン級マニキュア」を作る方法




■割れやすいチビ爪を「美爪」に変えた方法




■DIY撮影ボックスで、綺麗なスマホ写真を撮る方法



キンドル電子書籍の読み方

  1. kindle無料アプリをダウンロードする(PC・スマホOK)

  2. 上の書籍画像リンクから、注文確定をする(“1‐clickで今すぐ買う”ボタンで、無料ダウンロードできますよ)

  3. アプリから電子書籍を読む



コメント

  1. Nick Ollie より:

    ビフォーアフターの違いがすごい。やっぱりアフターの方が買いたくなるねー。参考になりました。私もプラ段買って、こんなちょっとニュアンスある写真を撮りたいと思ったよ。